浪人なら四谷の予備校で頑張ってみましょう

データを元に、的確にアドバイスがもらえる

専門の機関なら、どの程度頑張ればどの難関大学に入学できるといったデータも持っています。
そのデータを元に、的確にアドバイスがもらえるという安心感があります。
ちょうど良いカリキュラムが用意されているので、余計な心配がいらないというメリットも魅力の一つです。
卒業後、どこにも入学しない就職もしないとなると毎日が休日状態になります。
休日でも朝早く起きて、規則正しい生活ができるという人もいます。
一方で、つい夜更かしをしたり寝坊をしたりしてしまうという人は少なくありません。
家の中で、寝間着のままダラダラ過ごしてしまうという人もいます。
自分は大丈夫と思っていても、1年間たった1人で規則正しい生活を送るというのは意外と大変です。
生活の乱れは勉強時間にも影響が出るだけでなく、健康管理にも影響を及ぼします。
確かに24時間自由に使えるということは有利かもしれませんが、うまく活用できない可能性も考える必要があります。
一度不規則な生活に慣れてしまうと、せっかく大学に入ったとしても大変な思いをするのは自分です。
どこかに入学して通っていれば、朝起きて身だしなみを整えるといった生活習慣を崩すことはありません。
生活習慣を崩さないという目線からも、独学よりどこかに通った方がおすすめです。
通い始めると周りには、同じように浪人で頑張っている仲間たちがいます。

予備校や学習塾でアルバイトしたことあるが、数学に関しては、生徒受けするようにざっくり分かりやすく端折って教える講師が評価され、なるべく正確に説明しようと心を砕く講師は、そんな細かいことはいいから、と否定されるところ多かったな。
公務員予備校も。

— matheca (@paulerdosh) 2019年4月16日

少子化とはいえ大学受験では、誰しもが現役で合格するわけではありませんデータを元に、的確にアドバイスがもらえる現役の時には考えられなかった難関大学に合格した人もいます